TEL

自損事故

≪自損事故による怪我や不調を、仲宿・板橋区・加賀・氷川町の『いちの整骨院』で根本から治療しましょう。≫

自損事故とはいえ、程度によっては、搭乗者の方が重傷を負うようなケースもございます。たとえ軽い衝突事故であっても、搭乗者の方の身体には、体感以上の衝撃が加わっていることが多いため、当日だけでなく少なくとも二~三日は、体調を様子見した方がよろしいです。そして、もしも異常を感じた場合には、すぐさま病院で精密検査を受けてください。病院の受診と並行して、仲宿・板橋区・加賀・氷川町の『いちの整骨院』をご利用いただくのが理想的です。

先ほど「自損事故でも身体に強い衝撃が加わる」とお話ししました。身体に強い衝撃が加わると、その反動で、身体の内側にある「骨格」にゆがみやズレが起こってしまうケースが多くございます。骨格にゆがみができると、その近くを通る神経が圧迫されてしびれや痛みが生じたり、他の健全な関節や筋肉に負担がかかって、やはり痛みやしびれといった症状が現れることがあります。このようなケースは、病院で根本治療を受けるのが難しい傾向にありますので、ぜひとも早いうちに、仲宿・板橋区・加賀・氷川町の『いちの整骨院』へお越しいただきたく思います。当院は交通事故治療に特化しており、患者様の自動車保険について詳しく教えていただき、保険請求ができる場合には、手続きのほとんどを代行して進めてまいります。まずは「自動車保険から補償を受けることができるのか?」を知りたいというご質問でも構いません。どのようなことでも、気軽にお尋ねください。