TEL

電気施術って効果あるの?? | 仲宿商店街の整骨院『いちの整骨院』

Blog記事一覧 > ブログ > 電気施術って効果あるの??

電気施術って効果あるの??

2018.10.20 | Category: ブログ

板橋区役所前・仲宿商店街・板橋区・加賀・氷川町のいちの整骨院のブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

電気施術って効果あるの??

この名前を聞いたことありませんか??
平賀源内 という人です。江戸中期に活躍した発明家です。
「エレキテル」という発電機を日本人で初めて完成させた人です。

平賀源内はエレキテルについて「病人の痛所より火をとる器なり」と述べています。感電すると患部から痛みがとれるといわれていたそうです。
実際の効果は、現在の医学と照らし合わせると疑問ですが、エレキテルは、日本において最初の医療用電気機器でした。

厚生労働省のH26年の調査では全国に約45000件の施術所があり、一般的な整骨院では、電気施術器というと低周波施術器のことを指しますが、当院では、保険施術範囲の施術でもさらにグレードの高い中周・干渉波を使用しています。

◆中波・干渉波とは?◆

周波数の異なる電流を身体に流した時、互いの電流が干渉し合う領域に発生する電流を「干渉波」と言います。
この「中波・干渉波」は、従来から施術に用いられてきた低周波に比べ、数十倍の高い周波数を用いているため、皮膚表面に不快な刺激感覚を与えることなく患部に十分な刺激を加えることができ、より高い施術効果を得ることができます。
安全で効率的な電気療法として、主に肩の痛み、腰痛、頚や膝の痛み、五十肩などの運動器疾患の施術に用いられています。
当院では、皮膚に直接吸盤を貼り付け、1回10分間電気を流します。
マッサージされているような感覚でウトウトされる方も多いです

◆中波・干渉波で筋肉を刺激する目的は2つあります。◆

1つ目は、普段動かせていない硬まってしまった筋肉を干渉波で動かしながらほぐします。

2つ目は、痛くて動かせなくなってしまったがために弱ってしまった筋肉を動かし、筋を再教育します。

じっくりと期間をかけておこなう療法ですが、体にとって大切かつ重要なことです。

「体に直接電気を流すなんて怖いわ!」なんて思う方もいると思います。

実は、人の体は『脳からの電気信号』で筋肉を動かしています。

筋肉を動かすことで血流が良くなり、酸素と栄養夜を体全体に行き渡らせるので適度な電気刺激は体に良いことです。

当院では、症状に合わせて、干渉波・超音波、ハイボルテージ・メドマーなどを組み合わせて施術します。この多彩な施術機器も当院のこだわりの一つです(宣伝みたいですみません)

◆電気信号を伝えるのは神経が担っています◆

神経の役割は、2種類あります。

1種類目は『触覚』『冷温覚』『痛覚』などの感覚を電気信号として『脳へ伝えること』

2種類目は『手を動かせ!!』などと『脳からの電気信号』を筋肉へ命令すること。

つまり、神経とは、電気信号を伝える電線の役割なのです。

◆一般的な整骨院で使用している低周波との一番の違いは?◆

単純な低周波は、体の表面のみにしか作用しません。特に痛みを伝える太い神経に作用します。

そうすることで、脳へ痛みの電気信号が伝わる前にブロックするのです。

これには個人差がありますが、刺激感を感じやすく、皮膚の電気抵抗でビリビリ痛いのです。

中波・干渉波施術器は、リズム良く筋肉を収縮させます。

筋肉が気持ちよく動くことで血行がよくなり、発痛物質が患部から排出されます。

当院の電気施術器は、中周波・干渉低周波を使用しています。

単純な低周波に比べて、皮膚抵抗が低くなりますので、電気特有なビリビリした嫌な痛みを感じにくくなります。

結果的に、筋収縮を十分起こすまで 電流出力を上げられます。

ウトウトと眠くなってしまう心地良い刺激を感じながら、筋肉がほぐれて、体が軽くなる・・・ ぜひ体験して欲しいと思います。

どうしても電気が苦手な方は、メドマー・ストレッチポールなど電気以外でも対応できますので、ご安心ください。

また、ベットは当然の事として、スリッパ、医療機器もクリンネスには力を入れています。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

文 仲宿商店街 いちの整骨院 市之瀬法彦