メール問い合わせ
TEL MAIL

今月より新しい医療機器が加わりました!超音波治療機器です。 | 仲宿整骨院いちの整骨院

仲宿整骨院いちの整骨院

Blog記事一覧 > ブログ,未分類 > 今月より新しい医療機器が加わりました!超音波治療機器です。

今月より新しい医療機器が加わりました!超音波治療機器です。

2022.11.12 | Category: ブログ,未分類

伊藤超音波医療機器(US-731)です。

超音波治療機器とは、

人間の耳が聞き取れる音波の周波数は20KHz以下で、それを超える周波数の音波は超音波と呼ばれています。初めて医療機器に応用されたのは、1939年(昭和14年)のドイツだとされています。以来、胎児などの様子を画像として見られる超音波診断と、患部に働きかける超音波診療の両面で活用されています。近年ではスポーツ選手などから人気を集めているようです。

超音波治療器の原理

超音波治療器の最大の特長は、刺激が深い部位まで届くことです。出力レベルを変化させたり、振動の間隔を変化させたりすることで、様々な施術が可能となっています。超音波の体にもたらす効果は、具体的にどのようなものでしょうか?

例えば肩こりは、肩周辺の血流が悪くなり、筋肉が収縮している状態です。そうすると老廃物が排出されにくくなり、筋肉の中に疲労物質が溜まって引き起こります。そこに超音波治療器を当てると、温熱や微細振動によって血管が拡張し、疲労物質が流れ出すという仕組みです。

超音波治療器の施術について

超音波治療器を使用するときは、患部に確実に照射するために照射用のゲルを塗ります。(最初冷たく感じるかもしれません)

超音波は空気の中を伝わらないため、治療器と体との間には、超音波伝導物質が必要となるからです。治療器を患部のある皮膚に当てて照射するとき、連続して100%照射すると「熱効果」が得られ、2050%の照射では「非熱効果」が得られます。患部の状態や症状に応じて、照射方法を選択します。

施術の際に痛みや違和感はほとんどありません。

超音波治療器による効果

温熱と非温熱では、得られる効果は以下の通りです。

温熱効果

  • 組織の収縮機能改善効果
  • 血流の改善
  • 疼痛緩和、
  • 筋肉の緊張をほぐす
  • 骨格筋の収縮機能改善などがあげられます

非温熱効果

  • 細胞膜の活性化、
  • 炎症の治癒、細胞組織液の運動活発化、
  • むくみの軽減など

超音波治療器が役立つ症状

超音波治療器で役立つ症状は以下の通りです。

温熱効果

  • 慢性痛
  • 肩こり
  • 術後の癒着、瘢痕など

非温熱効果

  • 靱帯損傷・腱損傷
  • 捻挫・打撲
  • 局所の浮腫など

文献 )Heckman JD et al: Acceleration of tibial fracture-healing by non-invasive, low-intensity pulsed ultrasound.J Bone Joint Surg Am 76(1):26-34, 1994.参照致しました。

 

担当施術者が必要に応じて施術の中に組み込んで治療致しますが、超音波治療ご希望の方はスタッフまでお申し付けください。

仲宿整骨院「いちの整骨院」