メール問い合わせ
TEL MAIL

仲宿・板橋区役所前駅周辺で「膝(ひざ)の痛み」にお困りの方 | 仲宿商店街の整骨院『いちの整骨院』

仲宿商店街の整骨院『いちの整骨院』

膝(ひざ)の痛み

①変形性膝関節症

概要

ひざの関節の軟骨が摩擦などですり減ったために、ひざに強い痛みが出る疾患です。
最初は歩き始めに痛みが出ても、休息すれば痛みが治まる程度ですが、基本的に年齢を重ねるごとに症状が進み、ひどくなると安静にしていても痛みが取れず、歩くことも難しくなります。原因としては、加齢のほかに、肥満、O脚、閉経後のホルモンバランスの崩れなどが挙げられます。
また、布団の上げ下ろしや正座・あぐらによってひざに負担をかけやすい日本の生活習慣が原因の一つとされ、軟骨がもろく傷みやすいといった遺伝的因子も影響しているといわれています。
女性に多いことも特徴の一つとして挙げられます。

原因

最も大きな原因は加齢で、年齢を重ねるとともに少しずつ関節の軟骨がすり減ったり削れたりすることで表面が荒れて、慢性的な炎症や変形が起こります。
また、ひざの関節には常に体重の4~6倍の負荷がかかっているため、肥満も大きな原因になります。
ほかにも、ひざの内側に極端に負荷がかかるO脚や、閉経後のホルモンバランスの崩れにより骨がもろくなることも関係があるとされています。
布団の上げ下ろしや畳に正座・あぐらをかくなどの生活様式が多い日本人は特に変形性膝関節症になりやすいというデータもあります。
そのため、O脚で肥満ぎみの高齢者の日本人女性は特に注意が必要です。
もともと軟骨がもろく傷みやすいといった遺伝的な要素も背景にあると考えられています。

症状

一般的に、

当院の検査

まずは問診でどのような痛みなのかをお伺いし、関節の動く範囲、腫れ・痛み・変形があるかどうか、O脚でないかなどを触診・整形外科的徒手検査でチェックします。

状態により近隣の整形外科でエックス線検査を行い、骨と骨の隙間が狭くなっていないか、骨が部分的が硬くなっていないか、骨の明らかな変形がないか、といった点を調べていただきます。

治療のアドバイス

変形性膝関節症を発症したら、ひざの軟骨の退行を防ぐ目的で、可能な限り進行を食い止めることが第一目標とします。

関節が変形し始めた初期の段階では、痛いからといって身体を動かさないでいると筋肉が落ちてさらに症状が進行するため、適切な靴を履いた上で平らな場所でウォーキングをする、入浴などをしてひざを十分温めた後にひざを伸ばす、といった運動療法と温熱療法のアドバイスをさせていただいております。

そして、肥満はひざの痛みを進行させる大きな要因になるため、太り過ぎの場合は体重の5%を目安に減量の指導などが行われることもお願いしております。

実際の施術については、個々人の症状によりますので、問診時に詳しくご説明いたします。
一般的な当院の治療としては、超音波療法・手技療法・立体動態波療法・テーピング療法・ストレッチ療法などを組み合わせて治療いたします。

予防・治療後の注意

正しい歩き方を習慣づけると、お尻の筋肉である大臀筋と、股関節を閉じる働きを担っている筋肉である内転筋を訓練できるのでひざの痛みの予防になります。

背筋を伸ばし、歩幅を大きく取るようにして、ひざが自然と伸びるようにかかとから着地する歩き方をするように心がけてください。また、大臀筋、内転筋、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋を、簡単なストレッチで鍛えることも有効です。

さらに、正座やあぐらといったひざに負荷をかける座り方を避け、肥満であれば減量をすることも変形性膝関節症を防ぐために重要とされています。

②ランナーズニー(腸脛靱帯炎)

ランニング後の膝の痛み

ランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称です。特に腸脛靱帯が膝部外側で摩擦し、痛みが発生する腸脛靱帯炎のことをいいます。ランニングによる膝障害の代表格と言われています。

繰り返しの膝の屈伸運動により、腸脛靱帯が膝の外側とこすれて炎症を起こし、痛みが発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します

主な原因は使いすぎ・使い方のアンバランスです。さらに過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因が加味されています。

①初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失します。

②中期はランニングを続けていると次第に疼痛は増強して、簡単に消失しなくなってきます。

一般的な当院の治療

①まずは問診でどのような痛みなのかをお伺いし、関節の動く範囲、腫れ・痛みなどを触診・整形外科的徒手検査でチェックします

②原因筋を中心に超音波療法や立体動態波療法・ハイボルテージ療法・ストレッチやマッサージをして、膝に掛かる負担そのものを軽減させます。実際の施術については、

※個々人の症状によりますので、問診時に詳しくご説明いたします

ジャンパー膝(膝蓋腱炎/大腿四頭筋腱付着部炎)

ジャンパー膝(膝蓋腱炎/大腿四頭筋腱付着部炎)とは、膝蓋腱大腿四頭筋腱炎症痛みを発症します。
多くは、バレーボールやバスケットボールなどジャンプ動作を長時間繰り返したり、サッカーのキック動作やダッシュなど走る動作を繰り返したりするなど、膝を酷使することにより起こるスポーツ障害です。

一般的な当院の治療

①まずは問診でどのような痛みなのかをお伺いし、関節の動く範囲、腫れ・痛みなどを触診・整形外科的徒手検査でチェックします

②原因筋を中心に超音波療法や立体動態波療法・ハイボルテージ療法・ストレッチやマッサージをして、膝に掛かる負担そのものを軽減させます。実際の施術については、

※個々人の症状によりますので、問診時に詳しくご説明いたします