メール問い合わせ
TEL MAIL

腰を後ろに反る(後屈)と痛みが出るタイプ腰痛についてご紹介します。 | 仲宿商店街の整骨院『いちの整骨院』

仲宿商店街の整骨院『いちの整骨院』

Blog記事一覧 > 未分類 > 腰を後ろに反る(後屈)と痛みが出るタイプ腰痛についてご紹介します。

腰を後ろに反る(後屈)と痛みが出るタイプ腰痛についてご紹介します。

2022.07.15 | Category: 未分類

腰を後ろに反る(後屈)と痛みが出るタイプ腰痛についてご紹介します。

当院でも多いタイプの症例ですので参考になれば幸いです。

この腰痛の特徴的な所見は、

・身体を後ろに反ると痛みが出る

・痛みは比較的ピンポイントで、

指で痛いところが特定できる

・長時間立っていると腰が痛む

・野球の投球動作・バレーのアタック・バトミントンのスイングなど

スイング系のスポーツ動作で痛みが出やすい。

・座位で椅子の背もたれに背中をあずけると痛みが和らぐ など

問診時に訴えられることが多いです。

では、解剖学的にご説明しますと、

腰部椎間関節とは背骨の腰部で連結してい

る関節のことをいいます。

腰の背骨は5個のお茶筒が上下にハマっているような

形状をしています。

お茶筒状の関節なので、腰を前に曲げる(前屈)、

腰を後ろに倒す(後屈)という運動には適している形状と言えます。

お茶筒の中を上下に滑るようなイメージです。

前後の運動に適している反面、身体を捻る動作の回旋動作には向いていません

他にも、体重増加・不良姿勢等により反り腰になってしまうことにより、

椎間関節に過度の負担がかかります。

肥満やハイヒールで反り腰になってしまうと、

背骨の後方、椎間関節部に常に負担がかかってしまいます。

椎間関節症の痛みを改善させるには、

詰まってしまっている状態の椎間関節部の動きの改善が

必要となります。

予防を目的とする場合は

股関節周りの筋肉を柔らかくすることにより、

股関節でのからだのひねりやすさが得やすくなります。

腰での回旋可動域 5°

股関節での回旋可動域 45°

股関節周りの硬さを改善することにより、腰の負担が減ってきて

腰痛は改善します。

日ごろから股関節の柔らかさに日頃から気をつけてみてください。