TEL

腰痛のお話です。 | 仲宿商店街の整骨院『いちの整骨院』

Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

腰痛のお話です。

2018.10.17 | Category: 腰痛


板橋区役所前・仲宿商店街・板橋区・加賀・氷川町のいちの整骨院のブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

腰痛のお話です。

最近、朝方になると寒くなり、急な温度変化に体がついていかない方も多いのではないでしょうか?

そして、この季節の変わり目に多いのが腰痛お客さんです。

今回は腰痛の話を少ししていきたいと思います

よかったらお付き合いください。

厚生労働省が発表した最新の「平成28年国民生活基礎調査」によるとケガや病気などの自覚症状でもっとも多いのが腰痛だそうです。

男性では1位、女性でも肩こりに次いで2位だそうです。

日本の腰痛人口は2800万人にのぼると言われているそうで、成人の約4人に1人の計算になります。

それだけでなく、一生涯の内に腰痛を経験する人は全人口の84%もあるという研究も報告されています。

このようなデータからも、現在腰痛でなくても人ごとではないと思います

中には重症・長期化する腰痛もありますが、腰痛のほとんどは時間とともに自然に治るものとされています。

急性腰痛と呼ばれるぎっくり腰や筋肉疲労であれば1~2週間程度、原因の特定できる椎間板ヘルニアなどの腰痛でも3ヶ月程度で症状は改善すると言われます。

けれど、一度治ったように思われる腰痛ですが、また繰り返し再発しやすいのも腰痛の特徴です。

腰痛の再発率は1年以内に約30%、これが10年経過すると約80%になると言われています。

さらにぎっくり腰だと1年以内に再発してしまう人は約70%を超えるという報告結果があるのもびっくりですね。

さらにさらに、厚生労働省が発表した「腰痛対策」によると腰痛の約85%が原因が特定できない腰の痛みだそうです。

しかし多くの方はその腰の痛みの原因を知りたいがために、病院を受診し、レントゲン等の画像診断での結果を希望します。

しかし、レントゲンではその腰の痛みの原因をはっきりと特定できない事が多く、原因が不明なまま、とりあえず湿布や痛み止めの薬を服用したり・・・・の対処のみの方も多いのではないでしょうか?

これが、高い再発率としつこい腰痛の原因であると私は考えます。

腰痛を訴えるお客さんの中には、痛みの原因は、筋力の衰えだったり老化からくるものだと思っている人も多いと思います。

私もそれは否定できません。

では筋力とは何でしょう?

それは、「自分が思い描いたように自由に体を動かせる力」の事と考えます

これを機能運動性と云います。

そして老化現象とは加齢によって筋肉量や持久力が衰えたことではなく、この運動機能性が低下する事です。

機能運動性とは、何かといいますと、

①柔軟性

②安定性

②バランス

この3つの組み合わせによって決まります。

上記を踏まえた上で、当院でストレッチなどの動画も随時UPしていますので、参考にしてみてください。

また、施術中にもその方に合ったストレッチ方法(柔軟性)や体幹の鍛え方(安定性)

腰に関連した股関節の使い方や簡単な疲れにくい座り方の指導(バランス)等もおこなっています。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。